DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

ハラスメント

ハラスメントには状況によりいろいろな種類があり、いろいろな呼び方がされている。セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント、モラル・ハラスメント、マタニティ・ハラスメント(妊婦へのハラスメント)、アカデミック・ハラスメント(大学などアカデミックな環境でのハラスメント)などが挙げられる。

ハラスメントでは、加害者が何気なく言った言葉などが被害者を傷つけていることも多い。また、行為がハラスメントに該当すると自覚されていない場合もある。セクハラの場合、女性特有のことに関するコメント、性的な画像などを見えるところに出していることなども該当する。加害者に自覚はなくても、被害者は深く傷ついたり職場などの場を安全なものと思えなくなったりすることも多い。場合によっては休職や退職に追い込まれたり、メンタルの問題に悪化してしまったりすることもあるので、深刻に受け止める必要がある。

ハラスメントは加害者にその気や意図があったかではなく、被害者が害を受けたと思うことにより成立する点にも注意が必要である。ハラスメント対策は誰もが安心して働いたり生活したりしていけるようにするために、欠かせないものだと言える。

追記:2020年6月には「ハラスメント防止法(通称)」が施行され、まずは大企業を中心にハラスメントがあった場合企業名を公表するといった措置を取るとともに、大企業・中小企業ともにハラスメント防止のための対策を講じることが義務づけられることになった。

新着ページ