DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

愛着障害

愛着障害とは、愛着関係(主には、乳幼児期に親と子の間で形成される関係)に難しさがある状態を指します。親子関係がぎくしゃくしやすいきずなのパターンです。

「正常」な愛着関係は「安全型(B型)」と呼ばれますが、それ以外に3つのパターンがあります。不安型、拒否型、そしてアンビバレント(混乱)型です。それぞれ、子どもの側は親に対して素直になれなかったり、怒ったり拒否したりという反応をしてしまいます。また、固まってしまう場合もあります。

心理療法では、治療関係(カウンセラー/セラピストとクライアントの関係を指します)を築きそれを変えていくことで、愛着関係をより望ましいものへと変え、愛着障害を克服することを目指します。愛着関係が改善されると、親子関係だけではなく他の人間関係も変わっていくことが期待されます。

新着ページ